入れ歯作成と訪問歯科について

西武池袋線、練馬高野台北口徒歩3分 なか歯科クリニック 院長 なかです。

 

今日は当院の入れ歯の作製方法をご紹介します。

①型を取る

②お口の中の筋肉の動きを印記し、シリコン印象材というもので精密な型取りをする。

 (入れ歯はお口の中の筋肉との調和が取れていないとつかえません)

③かみ合わせを取る

④完成前の最終確認をおこなう。(歯並び、色、かみ合わせの再度チェック)

⑤完成

 

お急ぎの方は②③④を一気に行いますので、3回でも完成可能です。

しっかりと手順をふむことで、しっかりとしたものが出来上がります。当然と言えば当然です。。。

当院では入れ歯の調整はあまり多く行うことはありません。

 

訪問歯科診療でも同じような手順で行うこととなります。ご高齢の方の入れ歯作製は、その方がおいしくごはんを食べられるかどうかがかかっていると言えます。

入れ歯が合わなければ、ご飯を食べられない。そうすると、お口の機能が落ちる。さらには、全体のバランスも崩れてきます。そうすれば、どんどん元気はなくなってきます。

我々、歯科医はそのことをもっと強く感じるべきだと思います。

今まで来て下さった患者さん方が歩くのがつらくなったら、訪問歯科で我々がお伺いして、診療する。

開業して2か月ちょっとですが、こんな地域医療を行っていきたいと最近強く感じています。

 

HP  http://www.naka-dental.com/

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください